top of page

備前焼

 4月27日参観日に保護者と共に土をひねり、乾燥させてお皿などの備前焼作品を、一人一人がていねいに釜の中(電気炉)に収め、生徒の代表が火入れのスイッチを押しました。1,000℃を超える釜の中で、二昼夜、焼成します。割れないことを祈ります。




閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page