代替宿舎で中学校再開

10月20日から、希望中学校の生徒は自宅でリモートによる在宅学習を行っていました。   早急に中学校再開するため、希望寮の代替宿舎を「国立吉備青少年自然の家」を借用する予定でしたが、吉備中央町や社会福祉協議会のご厚意で、高齢者用の宿泊施設「やすらぎ事業所」を11月1日から借用することができました。ゆったりとした施設で、快適に過ごせています。12月下旬に学園内に仮の宿舎ができるまで、施設と送迎用ののマイクロバスを使用させていただきます。町や施設に感謝感謝です。



社会福祉協議会「やすらぎ事業所」



閲覧数:291回0件のコメント

最新記事

すべて表示